2022年7月1日よりauひかりの解約金が2,290円~4,730円に変更!

Wi-Fi

2022年2月22日に電気通信事業法施行規制が改正されて、次の通り消費者保護ルールが発見されました。新しいルールは、2022年7月1日から施行されています。

具体的な内容としては、通信回線の解約金が以前より圧倒的に安くなるというものです。

最大で、解約金が47,450円ほど安くなる人が多いので、最後まで確認してみてください。

それでは、さっそく見ていきましょう!

auひかり違約金ってどのくらい?

auひかりの解約金ってどのくらい?

auひかりを解約する際は、解約金が発生します。

解約金の内訳として、解約金工事費の残債回線撤去費用の合計となります。


違約金=(解約金+工事費の残債+回線撤去費用)

解約金、工事費の残債、回線撤去費について、詳しく説明していきます!

auひかりの解約金

まずは、auひかりの解約金についてです。解約金は、更新月以外は発生します。

ホームタイプは3年の自動更新マンションタイプは2年の自動更新となります。しかし、7月1日以降から、解約金が減額しました

【解約金】

auひかりプラン6月30日以前7月1日以降
auひかり(ホームタイプ)16,500円4,730円
auひかり(マンションタイプ)7,700円2,290円

ホームタイプでは、11,770円安くなっており、マンションタイプでは5,410円安くなっています

次に工事費の残債についてです。

auひかりの工事費の残債

工事費は、ホームタイプで41,250円、マンションタイプで33,000円発生します。

工事費の分割支払いが、2022年6月30日以前と、7月1日以降で多少異なります。

ホームタイプだと、60回の分割が35回の分割に変更し、マンションタイプだと、24回の分割のままで、変更はありません

【工事費の分割】

auひかりプラン6月30日以前7月1日以降
ホームタイプ60回
月690円
35回
月1,180円
マンションタイプ24回
月1,375円
24回
月1,375円

次は、回線撤去費についてです。

auひかりの回線撤去費

auひかりは、解約する際、引っ越しをする際に回線の撤去が必要となります。

その際に、回線撤去費として、必ず31,680円発生していました。

しかし、2022年7月1日以降からは、回線撤去を希望される場合は31,680円発生、回線撤去を希望しない場合は31,680円発生しません

【回線撤去費】

auひかりプラン6月30日以前7月1日以降
ホームタイプ必ず31,680円必要⇨31,680円
不要⇨なし
マンションタイプなしなし

違約金のまとめ

auひかり解約金のまとめ

違約金は、解約金と工事費の残債、回線撤去費の合計となります。

具体的に、2022年6月30日以前と、7月1日以降の違約金をまとめてみました。

【ホームタイプの場合】

auひかりの利用日数2022年6月30日以前2022年7月1日以降
1~6ヶ月89,430円~85,680円45,980円~38,909円
7~12ヶ月85,055円~81,930円37,730円~31,837円
13~18ヶ月81,305円~78,180円30,659円~24,766円
19~24ヶ月77,555円~74,430円23,587円~17,694円
25~30ヶ月73,805円~70,680円16,516円~10,623円
31~35ヶ月70,055円~67,555円9,444円~4,730円
36ヶ月50,430円0円
37ヶ月目以降66,305円~48,180円4,730円

au公式サイトより

※ずっとギガ得プランの場合の違約金となります。

※更新月のみ16,500円(改正前)、4,730円(改正後)減額となります。

※キャンペーン等の適用対象になっている方は、別途追加料金が発生する場合もあります。

以上のように違約金改正前は、「48,180円~89,430円」だったのに対して、「4,730円~45,980円」まで安くなっています。

【マンションタイプの場合】

auひかりの利用日数2022年6月30日以前2022年7月1日以降
1~6ヶ月39,325円~32,450円33,915円~27,040円
7~12ヶ月31,075円~24,200円25,665円~18,790円
13~18ヶ月22,825円~15,950円17,415円~10,540円
19~23ヶ月14,575円~9,075円9,165円~3,665円
24ヶ月0円0円
25ヶ月目以降7,700円2,290円

※お得プランAの場合の違約金となります。

以上のように違約金改正前は、「7,700円~39,325円」だったのに対して、「2,290円~33,915円」まで安くなっています。

違約金が安くなることのメリット・デメリット

auひかりのメリット・デメリット

違約金が安くなることでのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

違約金が安くなることでのメリットとしては、以下の通りです。

【メリット】

・解約金をする方

・引っ越しをする方

・今後申し込みをする方

次に、デメリットについてです。

デメリット

解約金が安くなすことでのデメリットは….実はありません。

解約金が安くなるから、月額料金が上がると思っている人が多いと思いますが、そのようなことはありません

【デメリット】

・なし

auひかりからの乗り換えにおすすめの光回線

乗り換えにおすすめの光回線

ここからは、auひかりの乗り換えを検討されている方に、おすすめの光回線を紹介していきます。おすすめの光回線は、ご利用のスマホによって異なるため、スマホ別にまとめてみました。

auスマホの場合

auスマホの場合はSo-net光

auスマホの場合はSo-net光がおすすめ!

しかも、auスマホとSo-net光で、スマホ代1,100円割引

月額料金マンション:4,928円
戸建て:6,138円
スマホの割引1台につき最大で1,100円引き
実質料金マンション:~3,828円
戸建て:~5,038円
速度平均259Mbps
キャンペーン6万円以上キャッシュバック
工事費実質無料

\1分で申し込み完了 /

ドコモスマホの場合

ドコモスマホの人は、ドコモ光がおすすめ

ドコモスマホの場合はドコモ光がおすすめ!

ドコモユーザーの80%以上がドコモ光を利用しています。

ドコモ光が唯一のスマホ割適用の回線となっているため、低価格&快速で利用ができます

月額料金マンション:4,400円
戸建て:5,720円
スマホの割引1台につき最大で1,100円引き
実質料金マンション:~3,300円
戸建て:~4,620円
速度平均271Mbps
キャンペーン2万円キャッシュバック
工事費無料

\ 1分で申し込み完了 /

Softbankスマホの場合

Softbankスマホの人はSoftbank光がおすすめ

Softbankスマホの場合はSoftbank光がおすすめ!

Softbankもスマホ割があるので、低価格で利用ができます

月額料金マンション:4,180円
戸建て:5,720円
スマホの割引1台につき最大で1,100引き
実質料金マンション:~3,080円
戸建て:~4,620円
速度平均318Mbps
キャンペーン最大10万円キャッシュバック
工事費実質無料

\ 1分で申し込み完了 /

その他のスマホの場合

その他のスマホの場合はSoftbank光がおすすめです。

月額料金がかなり安く快速でご利用ができます。

月額料金マンション:4,180円
戸建て:5,720円
速度平均318Mbps
キャンペーン最大10万円キャッシュバック
工事費実質無料

\1分で申し込み完了/

auひかりの申し込み方法

auスマホの方は、auひかりがおすすめ
月額料金マンション:4,180円
戸建て:5,620円
スマホの割引1台につき最大で1,100円引き
実質料金マンション:~3,080円
戸建て:~4,510円
速度平均418Mbps
キャンペーン10万円以上キャッシュバック
工事費実質無料

こちらから申し込みできます。

\ 1分で申し込み完了 /

まとめ

今回は、auひかりの解約金の変更についてまとめていきました。

電気通信事業法施行規制が改正されたため、解約金が安くなりました。今後auひかりを解約する方、引っ越しする方は、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました